歯を白くする前にやっておくべきこと

歯を白くする前にやっておくべきこと

歯を白くしたいと思って歯科医院に予約を入れて、その場ですぐホワイトニングしてもらえると思っていませんか?

 

実はホワイトニングをしてもらう場合、初めて行ったその時に施術するということは極めてまれです。というのも、ホワイトニングする前にクリニックでは必ず口腔内の状態をチェックします。虫歯や歯槽膿漏、歯周病、知覚過敏などが見つかった場合、まずはそうした状態を改善し歯や歯茎が健康になってはじめて歯を白くすることができるようになります。
歯周病や虫歯などがある状態でホワイトニングすると、歯を白くする薬剤がその部分にしみたりしてかなりの痛みを伴う恐れがあるからです。

 

まずは口の中を健康な状態にしてからホワイトニングを行うことが大切です。

 

もちろん、虫歯や歯周病などそうした状態にならないよう普段からしっかりブラッシングやケアすることも大切ですが、ホワイトニングしながらそうしたトラブルを予防する効果も兼ね備えた商品が登場し話題を集めています。

 

それが「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。
沖縄県で開発・販売がスタートしたホワイトニング剤で歯磨きあとの新しい習慣として注目している人も多い商品です。

 

この商品が注目を集めているのは、ホワイトニング効果が高いことはもちろんのこと、歯茎の腫れ、歯肉炎や口臭の予防にも一定の効果をあげているからです。

 

歯茎の腫れや炎症を抑える「アラントイン」や「シメン-5-オール」が口の中の雑菌を減らし様々な口の中のトラブルを予防してくれます。

 

使い方もとっても簡単で、いつもの歯磨きの後に薬用ちゅらトゥースホワイトニングを適量つけてブラッシングするだけ。毎日続けることで歯を白くすることはもちろん、口の中のトラブルも防いでくれます。

 

クリニックのホワイトニングよりも“使える”ホワイトニング剤・薬用ちゅらトゥースホワイトニングは要チェックです。

 

歯を白くしたい方はこちら