歯を白くして副作用が出た場合の対処法

歯を白くして副作用が出た場合の対処法

歯を白くして副作用が出たという声は、取り上げられないだけで潜在的な患者数を含めるとかなりの人が悩んでいると言われています。

 

それだけにホワイトニングは安全を確保された方法を選ばなければ、施術を受けた後に後悔するのは自分自身です。

 

歯を白くした場合に出る副作用とは、一般的にはどのような症状が挙げられるのでしょうか?

 

ホワイトニングして一番多い副作用が「知覚過敏」です。
歯科医院などで医療用の薬剤を使って行うホワイトニングは、歯の表面を漂白して白い歯を表の出す方法で行います。そのため歯の表面はごくわずかですが削られた状態になり、それが原因で熱いものや冷たいものを食べたときに過度にしみるように感じる場合があります。もともと歯が薄い人などは特に注意が必要です。

 

また、事前の検査で歯に亀裂があった場合、薬剤が神経を傷つける場合もあります。さらに長期的に化学的なホワイトニングを行うと歯肉がんになるリスクが高まるとも言われています。

 

さらに副作用が出た場合もクリニックによっては適切に対処してくれないところもあり、問題となっています。

 

いくら歯を白くして見た目をよくしたところで、歯の健康そのものが損なわれてしまうと本末転倒です

 

だからこそ今ホワイトニング経験者たちから注目されているのが、安全かつ歯への影響を最小限に抑えたホワイトニングケアなのです。

 

その一つが沖縄発のホワイトニング剤「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」です。
この商品の特徴は、とにかく歯へのダメージを徹底的に抑えた処方で将来にわたって白く健康的な歯をキープすることを第一に考えて作られた商品です。

 

天然由来成分の働きを重視し、さらに新成分を配合することで厚生労働省からも医薬部外品として認定を受けています

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングを使って副作用が出たという報告は調査したところほぼなく、安全性も確立されています。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニングで副作用のない、健康的な白い歯を手に入れたいですね。

 

歯を白くしたい方はこちら